【横浜市港南区】給水管の引換工事

今回は横浜市港南区にて給水管の引き換え工事を行いました。
老朽化した給水管で漏水を起こし、修理をしても他の箇所で漏水が起こる可能性が高いため水道メーターから各水栓まで給水管を引きなおすことになりました。
この現場ではメーターから家屋までかなりの距離が離れており、長距離の引き換え工事となりました。

text
メーターわき
text
配管中
text
埋め戻し

メーター付近の様子です。
配管をする際、お客様のご要望で新たに立て水栓を設置いたしました。

text
配管ルート
text
配管中
text
埋め戻し

1箇所目。
足場と家庭菜園の畑の間を掘り返して配管していきます。

text
土手わき
text
配管中。下からの様子
text
配管中。下からの様子
text
埋め戻し

家屋がある場所が土手の上にあるため、土手の足場のわきに配管をとおしていきます。
昔ながらの鉄管や銅管ではなくHIVP管と呼ばれる耐久性に優れた塩ビ製のパイプを使っているので、
多少のカーブなども問題ありません。

text
土手の上
text
掘り返し後
text
配管後、埋め戻し中
text
埋め戻し後

土手の上、砂利のお庭の横の土の部分に配管を通していきます。

text
家屋横
text
コンクリートはつり後
text
配管中
text
埋め戻し&モルタル補修(乾燥前)

やっと家屋にたどり着きました。
家屋の壁に配管を這わせるため、壁のすぐ横から縦に配管を持ち上げてきます。
そのため、邪魔になっているコンクリートは一度はつって壊します。
配管を通し、露出する配管に保温材を巻いた後に壊したコンクリートをモルタルで補修し、埋め戻します。

text
家屋壁配管ルート
text
配管後

家屋の壁沿いに配管していきます。
写真はありませんが、配管後には凍結を防ぐための保温材を巻いていきます。
分岐して上に伸びている配管は、手前がお手洗い、奥が浴室につながっています。

text
家屋壁配管ルート2
text
玄関は下側を通しました。
text
台所へ

壁を這わせた配管は水栓が必要な箇所まで伸ばしてから屋内に入れていきます。
こちらは玄関の下を通り、台所の水栓に通してあります。
こちらは保温材を巻いた後の写真になります。

text
浴室の水栓を交換中
text
洗濯機用水栓を交換
text
トイレの配管を取り外し
text
トイレの配管を設置
text
洗面台へ繋ぐ穴をあけます。
text
洗面台への配管

トイレの配管を設置。
さらにそこから延長し、隣の部屋の洗面台へ配管をしています。
洗面台は元々薄い壁の中に配管が通っており、そこに新しく配管を引いてくると大掛かりな工事になってしまうためこのようなルートで配管することになりました。

全ての配管が終わったら通水し、漏水を起こしていないか確認して工事完了となります。

アールシーワークスではこのように離れた箇所までの給水引換も行っております。
不明な点ありましたらお気軽にお問い合わせをよろしくおねがいします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です