【東京都多摩市】給水ポンプユニットの交換工事

今回は多摩市にて行った給水ポンプユニットの交換工事をご紹介します。

小規模マンションの屋外に設置されてるポンプで、ポンプカバーが波板や木材を使用して自作されていました。
このようにお手製のポンプカバーは安価ですが、隙間からの風雨の侵入や、十分な保温が出来ないことで故障の原因にもなります。
この現場のポンプカバーはまだ綺麗なほうでしたが、場所によっては劣化してボロボロになっておりポンプユニット本体があまざらしのままになってしまっているようなところもあります。
屋外に給水ポンプユニットを設置する際は正規のポンプカバーを使用することをお勧めいたします。

text
古いポンプカバー
text
ポンプカバー撤去

まずはポンプカバーを撤去します。
古いポンプカバーはもう使用しないため、壊しながら撤去します。

text
保温材の劣化
text
保温材の巻きなおし

ポンプからの配管に巻かれている保温材が劣化していたため、ポンプ交換のついでにこちらも巻きなおしていきます。
屋外の配管では保温材が劣化しきちんと機能しないと、配管内での凍結等を引き起こし漏水や破裂などの原因となります。

text
ポンプユニット設置完了
text
新ポンプカバー設置

新しい給水ポンプユニットの設置が完了しました。
試運転も行い、問題がなかったためポンプカバーも新しい正規のものを設置して作業完了となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です