【埼玉県朝霞市】凍結による給水管漏水の修理

今回は埼玉県の朝霞市にて行った漏水修理をご紹介いたします。

今回漏れてしまっていたのは家の外壁に這わせた給水管でした。
漏水の前日の夜はかなりの寒さだったので中で水が凍結してしまい、老朽化した給水管が耐えられなかったようです。

text
漏水していた給水管

漏水していた給水管です。
作業のため周りの保温材を取り除いてある状態です。
古い鉄製の給水管ですね、鉄管は長年使用していると中で錆が生じ、その錆がはがれることでだんだんと薄くなってしまいます。
その結果、薄くなった箇所が凍結やウォーターハンマー現象の圧力に耐えられずに漏水してしまうということが多々あります。

text
漏水箇所復旧

早速漏水箇所を修理しました。
前述した理由で現在は鉄管はあまり使用されておりません。
錆が生じず、圧力にも強い塩ビ製の給水管が現在の主流となっております。
漏水箇所の鉄管を外し、塩ビ管と接続できる継手を使用して復旧を行いました。

text
保温材設置

最後に給水管の周りに保温材を巻きます。
塩ビ管は圧力に強いといっても漏水するときはしますし、凍結自体が防げるわけではありません。
保温材を巻くことでしっかりと凍結対策をします。

これにて作業完了となります。
今回は漏水箇所もはっきりしており、場所も土中や壁中などのやりづらい箇所ではなかったためすぐに復旧することが出来ました。

元栓を止めてから蛇口を開けて管内の水を抜いたり、少しだけ水を出しっぱなしにして水流を作っておく等で凍結を予防することができます。
今回のような簡単な箇所ならまだいいですが、壁中や床下、土中などで漏水を起こすと給水管を全部引き直す工事をすることになったりもします。

寒さのきつい冬はどうかお気を付け下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です