【神奈川県鎌倉市】汚水ポンプ2台の交換工事

こんにちは、
今回は神奈川県の鎌倉市にて行った排水用の汚水ポンプ2台の交換工事をご紹介いたします。

こちらの汚水槽は、建物の庭の土中にFRP製の樽型の貯水槽を埋めて作ってありました。
汚水槽の中に設置してある排水用の水中ポンプ2台が故障してしまったため、汚水が庭に溢れてしまっていました。

最初にお伺いした際には緊急用のポンプで汚水を組みだす対応を行いました。
幸い、この汚水槽はそれなりの容量があるため、新しいポンプが届くまでの間くらいは汚水をためることができます。

そして今回やっと新しいポンプが搬入できたため、交換工事を行ってまいりました。

text
汚水槽を上からのぞいた図
text
ポンプ・配管交換後

早速ポンプを引き上げていきます。
配管やチャッキ弁、ゲートバルブ等も劣化が激しいため同時に交換します。

text
交換した新しい排水ポンプ
text
制御盤への配線を通すためのルートを掘る

新しいポンプを設置しました。
このポンプはポンプとは別でフロートスイッチを設置するタイプなので、フロートスイッチやポンプをつないで制御する制御盤があります。
その制御盤の設置位置が汚水槽から少し離れた建物の外壁のため、そこまで土中に配線を通すルートを掘っていきます。

text
古い制御盤
text
古い制御盤の内部

こちらは古い制御盤です。
制御盤自体もポンプに合わせて交換します。

text
新しい制御盤
text
新しい制御盤の内部

新しい制御盤を設置しました。
古いものと比べ、パトランプがなくなっていますがきちんと異常時には警報がなります。
扉を開けなくても小窓からポンプの状態が確認できるようになっていますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です