[埼玉県新座市]ガス瞬間湯沸器の交換作業

こんにちは
今回は過去に埼玉県の新座市にて行った瞬間湯沸器の交換工事をご紹介いたします。

古い湯沸器は全く点火しなくなってしまったとのことです。

故障した瞬間湯沸器は、東京ガス製 [PA-105SP]です。
新しく設置した瞬間湯沸器は、ハーマン製 [YR545(TG)]になります。

text
古い湯沸器

故障してしまった東京ガス [PA-105SP]です。

大分年期が入ってしまっていますね。

 

text
撤去しました
text
配管も撤去

ガス管、給水管の元栓を閉めたあとに接続を外し、湯沸器本体の固定を外して撤去します。

ガス管は新しい給湯器が強化ガスホースのねじ込みでの接続のため、ゴム管接続の継手を外しました。

 

text
設置位置を計測
text
プレートの位置を下げる

付属の強化ガスホースが短いため、別売で長い強化ガスホースを購入して頂くか瞬間湯沸器本体の設置位置を下げる必要がありました。

設置位置を下げても問題がないとのことだったため、設置箇所のプレートの位置を下にずらしました。

 

text
本体設置
text
配管接続

本体を設置する際は斜めにならないようにしっかりと水平器を使用して取り付けます。
水平に取り付けないと燃焼不良の遠因になったりします。

最後に配管を接続しなおし、ガス漏れ、水漏れのチェック、試運転をおこなって交換完了です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です