[横浜市栄区]給湯専用給湯器から追い炊き機能付き給湯器への交換工事

こんにちは
今回は過去に神奈川県横浜市栄区にて行った給湯器の交換工事をご紹介します。

古い給湯器は、GQ-2012WEです。
新しい給湯器は、GT-2050SAWXになります。

今回交換する古い給湯器は給湯機能のみのタイプです。
給湯機能のみとは、要は水栓からの給湯機能のみのものです。

そして新しく設置する給湯器は、浴槽の追い炊き機能も付いているタイプのものになります。
お風呂の追い炊きは、既に浴槽に溜まっているお湯を再度温める機能なので通常の給湯とは別の配管で行わないと衛生面に問題があります。
そのため、追い炊き機能がついている給湯器でないとお風呂の追い炊きは行えないわけですね。

追い炊きが行えないとなると、お風呂に入るたびにお湯を入れなおす必要があり水道代がかなりかさんでしまいます。
追い炊き機能付きの給湯器のほうが給湯のみのタイプの給湯器に比べると本体代金は高くなってしまいますが、
追い炊きをしてお風呂に入ることでランニングコストが抑えられ、結果的にオトクになるかと思います。

それでは工事を見ていきましょう。

text
古い給湯のみタイプの給湯器です。

まずは古い給湯器を撤去していきます。

text
配線を確認しつつ、切断していく
text
配管も取り外していく

配線や配管を確認しつつ外していきます。

どの配線や配管がどれかを間違えて接続すると動作不良になってしまうため、しっかりと確認します。

text
古い給湯器を撤去
text
新しい給湯器を設置

配管・配線が外し終わったら給湯器本体を交換します。

位置を調整し、壁に固定したら外した配線や配管を再接続していきます。

text
給水管を接続中
text
ガス管も接続

古い給湯器と給水管の接続位置などが違っているため、フレキ管を使用して位置を調整して接続します。

給湯器下部の左側に黒い接続口が2つ残っているのが見えると思います。
これらが追い炊き用の配管の接続口になります。

text
浴槽のようす
text
点検口の中

場面変わって浴槽の様子を確認します。
水栓の下の点検口を開き、外の給湯器と浴槽との位置関係などを確認します。
左側の白い曲線が浴槽で右側の壁が家の外壁です。

text
浴槽に穴を開けます。
text
外壁にも穴を開けます。

浴槽と外壁に追い炊き用の配管を通す穴をあけていきます。
失敗出来ないためしっかりと位置を調整して確認して、思い切ってドリルでガリガリと開けていきます。

text
追い炊きのアダプタを接続中
text
アダプタ設置完了

外壁から追い炊き用の配管をフレキ管で伸ばして通し、先端に浴槽に取りつけるアダプタを接続します。

その後、アダプタを浴槽に挟みこむように固定して設置完了です。

text
給湯器の配管のようす
text
試運転を行います

実際に試運転を行い、問題なく追い炊きできるかどうかを確認します。

text
シャワー水栓取り外し
text
新シャワー水栓取付

お客様から、以前からシャワー水栓から少し水が漏れるとのことでしたので一緒に交換します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です