【東京都渋谷区】排水ポンプの増設工事

こんにちは、今回は渋谷区にて排水ポンプの増設工事を行いました。

こちらの現場には汚水槽から汚水をくみ上げて排水するポンプが1つしか設置されていませんでした。
ポンプが1つしかない場合、故障してしまうと排水が出来なくなってしまうので汚水槽からすぐに汚水があふれてしまいます。
2つ設置されているばあいは片方が故障しても交換工事を行うまでポンプ1つで排水が出来るため、故障時のリスクを減らすことができます。

新しく設置する排水ポンプはフロートスイッチが3つついているタイプのもので、既設のフロートスイッチが2つのタイプのポンプと合わせることで自動で交互運転にすることができます。
自動交互運転にすることにより、それぞれのポンプの連続稼働を抑えてポンプ自体の寿命を延ばすこともできます。

このように、ポンプを2つ設置することによるメリットは多々あります。

汚水槽のようす
汚水槽のようす

汚水槽のマンホールと既設ポンプから伸びる排水管です。
この排水管の横に穴をあけて新しい排水ポンプ用の排水管を通していきます。

排水ポンプ増設完了
排水ポンプ増設完了
後処理
後処理

新排水ポンプを増設しました。
新しい排水ポンプのフロート位置を既設の排水ポンプのフロート位置を見て調整し、自動交互運転になるようにします。
試運転ののち問題がなければ排水管と穴の隙間をモルタルで補修して作業完了となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です