[東京都荒川区]貯水槽のFMバルブの交換作業

こんにちは
今回は東京都の荒川区にて貯水槽に設置されているFMバルブの交換工事を行ってまいりました。

FMバルブとは、定水位弁とも呼ばれるもので、簡単にいうとトイレタンクのボールタップのような水位によって開閉する水栓です。

貯水槽などでは、流入水量が多いために急激な水圧変化などが起きます。
それを緩和するためにFMバルブを主弁、ボールタップや電極棒を副弁として設置することが多いです。

貯水槽内の水位が下がると、まず副弁のボールタップが開き給水を開始します。
ボールタップが開くと、ボールタップからFMバルブまでの間の水が抜けて水圧がかからなくなりFMバルブが開きます。
FMバルブが開くと、大量の水がFMバルブから貯水槽に直接給水されます。

といったように、段階を踏んで開閉されるために急な水圧変化を低減し、ウォーターハンマーなどの症状を防ぎ、給水管や水栓の破損を防ぐことができます。

text
交換前のFMバルブ
text
交換後のFMバルブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です